悪魔の窓際ホットカーペット

悪魔の窓際ホットカーペット

冬の天気の良い日曜日。

気持ちの良い日光の降り注ぐ窓際+ホットカーペットの組み合わせはヤバイ。

ちょっと身をゆだねたが最後。

その猛烈な気持ちよさに、あれよあれよという間に眠りの世界へ引き込まれる。

現実の世界に這い上がろうとしたけれど、からだが言うことを聞かない。

悪魔の窓際ホットカーペット。