鯛焼きに関する論文

鯛焼きに関する論文

遅ればせながら、鯛焼きの件、補足させてください。

以前に、会社で“しっぽまであんこぎっしり”の
鯛焼きが振舞われたことがあったんですね。

そんときのことを思い出したので。

その場には6名ぐらい居たんですが
自分以外の方は、みんな鯛焼きの“あたま”から食べてはりました。

自分だけ“しっぽ”から食べてました。

そこで

ちょっとネットで調べてみたんですが、
なんか、あたまから食べる人は“楽天的”、
しっぽから食べる人は“慎重派”
みたいなことが書いてあったんですね。

。。。ここで自分の考え方を述べさせてください。

自分がしっぽから食べる理由。

自分て、オイシイ部分は後に残したい人なんです、、
食べ物なら、基本的に一番の好物をなるべく最後に残す。

しっぽって、大概あんこ無いじゃないですか?

だから、しっぽから食うんです。

しかしこれは違った。

冒頭でも述べましたが“しっぽまであんこぎっしり”の
鯛焼きだったんです。

だから、頭からでもよかったんです。

やられた。

習慣って怖い。