●データベースデータのいろいろな表示方法(検索)

●データベースデータのいろいろな表示方法(検索)

これは具体例をあげたほうが明快ですね。

●全件表示

select * from form_item;

いままでに、何度も使ってます。
「*」はワイルドカードと呼ばれるもので、なんでもOK,の意味です。

●nameフィールドデータの一覧

select name from form_item;

●nameとcompany_nameの一覧

select name,company_name from form_item;

コンマで区切る。

さらに条件付で検索したい場合は
上記SELECT文末尾に、whereをはさんで条件式をかきます。

●nameが「青木さやか」であるレコードの全フィールドを表示

select * from form_item where name = “青木さやか”;

もし数値フィールドが相手なら
数値的な大小検索もできます。

たとえば以下のようなかんじで不等号を使えます。

●jinkoフィールドが800よりも小さいものであるレコードの全フィールドを表示

select * from form_item where jinko < 800;

また文字列フィールドに対しては
「~で始まる」「~を含む」「~で終わる」といった選択が可能です。

演算子としてはLIKE(~みたいな)を使います。

●subjectフィールドが「ます」で終わる、レコードの全フィールドを表示

select * from form_item where subject like “%ます”;

この「%」の位置がポイントで、

「ます%」で、「"ます"ではじまる」
「%ます%」で、「"ます"をふくむ」
「%ます」で、「"ます"でおわる

になります。

。。。。

また、これら条件が複数重なるのも可能です。
たとえば次のような場合。

●nameが”青木さやか”であり、busyoが”芸能部”であるもの。

select * from form_item where name = “青木さやか” and busyo = “芸能部”;

つまり、条件をandでつないでいます。
「かつ」ですね。AND検索です。
もちろん、ORも使えます。