【Amazonエコー/2018年12月】夫婦などで【2台以上のスマホ】から【1台のAmazonエコー】(アレクサさん)につながる方法

2019年1月26日

【Amazonエコー/2018年12月】夫婦などで【2台以上のスマホ】から【1台のAmazonエコー】(アレクサさん)につながる方法

Amazonエコーが我が家にやってきた!

Amazonエコーの初期設定を済ませて使い慣れてくると、
表題のような疑問が出てくると思います。

Amazonエコーを使いこなすには
スマートフォンにアレクサアプリをインストールして
さまざまな設定を行う必要が出てきます。

Amazonエコーの初期設定をした人(仮に太郎さんとします。)は、
設定時にアレクサアプリをインストールし、
設定が完了した時点で、アレクサとつながっています。

設定完了後は、アレクサアプリのデバイスメニューにAmazonエコーが登録され、
太郎さんのスマートフォンのアレクサアプリ(アレクサ)(以下【太郎スマホのアレクサ】)と、
【Amazonエコーのアレクサ】が接続している状態となっています。

Amazonエコーの初期設定をした人【以外】の人(仮に花子さんとします。)が、
スマートフォンにアレクサアプリをインストールして
デバイスメニューを参照した場合には、Amazonエコーが見えません。

そのため、デバイスの追加をすればいいのかなと設定を進めて完了した場合、
花子さんのスマートフォンのアレクサアプリ(アレクサ)(以下【花子スマホのアレクサ】)
のデバイスにAmazonエコーは登録されますが、
この時点で、はじめに登録した【太郎スマホのアレクサ】のデバイスメニューから
Amazonエコーが見えなくなります。

花子さんが行ったことは、Amazonエコーの初期設定を再度行ったということなので、
【太郎スマホのアレクサ】と【Amazonエコーのアレクサ】との接続は解除されたんです。

我が家では、はじめこの仕組みがよくわかっておらず、この手順を踏んでしまいました(´・_・`)

もうお判りかと思いますが、
2人以上で1台のAmazonエコーとつながることは基本的にはできません。

とはいえ、それだけでおわってしまっては
この記事を読む価値もないし、夢も希望もないw というところなので、
それでもつながる方法を書いておきます。

1つのAmazonアカウントを、2人以上で使うという方法。

たとえば前述の例であれば、花子さんが初期設定を完了していますので
接続イメージは以下のようなかんじになっています。

・花子スマホのアレクサ(花子のAmazonアカウントでログイン) ←接続→ Amazonエコー

太郎も花子のAmazonアカウントを使うことで
太郎さんも花子さんも1台のAmazonエコーとつながっている“ような”状態になります。

イメージは以下のようなかんじです。

・花子スマホのアレクサ(花子のAmazonアカウントでログイン) ←接続→ Amazonエコー
・太郎スマホのアレクサ(花子のAmazonアカウントでログイン) ←接続→ Amazonエコー

イメージを見てわかる通り、
実際には、花子のAmazonアカウントでAmazonエコーと接続しているだけです。

なので、太郎さんも花子さんも、新しいスキルを追加したり、定型アクションを追加したり、
Amazonエコーを使いこなすための設定を行うことが可能となります。

ただし、他人のアカウントを共有することになるので、
基本的には推奨されるものではないと思います。

共有する相手は信頼できる人である必要があると思うし、
たとえ夫婦など信頼できる関係であっても、設定の取り合いなどトラブルにならないように(笑)

さいごに、決まり文句にはなりますが
利用者それぞれの自己責任にて、アレクサさんの運用をお願いしますね(ぺこり)

いじょ。