今更ながらWordでちょっとした書類作り入門

今更ながらWordでちょっとした書類作り入門

初めに余談を。。。

私は今までは、(これでも)デザイン畑を歩んできたので、
IllustratorなどのいわるゆるAdobe系のソフトには
慣れ親しんできた方で、ちょっとした書類なんかだったら
Illustratorでちゃちゃっと作ってしまうクチでした。

なので、Wordなどの、いわゆるオフィス系ソフトで
ちょっとした書類を作る方が私にとっては遥かに難解だったりします^^;

というわけで、Wordの使い方ぐらい分かってないと不便なことも多いので、
今更ながら「Wordで書類作り入門」を書こうかなと。

それでは、今更ながらのWordでちょっとした書類作り入門、いきます。

●文字の背景に色を塗ってみる

010
このような文章があったとして、
タイトル部分の背景に色を塗りたいとします。

020
文字を選択(黒になっている部分)し、
蛍光ペンというツールを使うと

030
このように色がぬれます。
まさに、蛍光ペンで色を塗った、という感覚でしょうか。

●行間の調整

040
このアイコンからどうぞ。

050
選択している行の、行間が広がりました。

●背景に色を塗る方法 その2

070
前述した方法だと、行間の調整次第では
このように不恰好な色塗りになってしまうことがあります。
(文字の上部だけに、余分に黄色がはみ出している。)
(※色塗りの色は変えました。)

これを回避するために、別に背景を塗る方法がありますので
その説明をします。

080
罫線メニューより、線種とページ罫線と網掛けの設定
を選びます。
(なんと、不細工なメニュー名なんだ。。。orz

100
網かけタブをクリックし、
右側の設定対象をプルダウンメニューより、段落、にします。

110
するとこのようにぴったり文字の下に
色がつきます。
ひとつ前の手順で、段落、としたことにより、
カーソルのある行の改行までの文字列のみ
網掛け(つまり、色塗り)の対象としています。

●表を入れてみよう

120
罫線メニューより
挿入→表 を選択します。

Capu002
このようなダイアログが開きますので
列数や行数を自由に設定してください。
他にも設定値はありますが、ここでは触れません。

Capu003
するとカーソル位置に
このように表が入ります。

Capu004
表に内容を入れてみました。
一応、かんたんな文書っぽくなりました。

中途半端ですが、一応ここまで。

なお、紹介した作業手順はひとつの方法であり、
同じ作業をするにもいろんな方法があります。