古くなった動作の遅いPCをなるべく快適に使うひとつのコツ

動作の遅い古くなったPCをなるべく快適に使うひとつのコツ

動作の遅さを特に顕著に感じる瞬間はどんなときでしょうか。

ネットサーフィンをしていて沢山のタブを開いたときや
重たいページを開いてしまったときなどに感じるでしょう。

でもそれ以上に感じるのが起動時間の遅さではないでしょうか。
この起動時間を出来るだけ短縮することで
PC利用の快適さ向上につながります。

起動時間を短縮するには当たり前ながら
起動項目を減らす必要があります。

起動項目は案外無くても大丈夫なものが多いです。
起動項目の削減を是非ご検討ください。

●起動項目とは
PCを起動したときに同時に起動するアプリケーションです。

●起動項目の例
アップデート系、セキュリティソフト系、ファイル共有ソフト系などがあります。
セキュリティソフトなどは常駐させおきたいですが
個人的にはアップデート系は起動しないように設定しても問題ないと感じます。
google driveなどのファイル共有ソフトを利用している場合も
自動起動を停止したほうが起動をはじめてから
操作可能になるまでの時間は断然早くなります。
ファイルの同期も常にとれていることに越したことは無いですが
動作の遅さを感じるなら、落ち着いてたときにのみ起動して
まとめて同期してしまうのもいいかもしれませんね。

●代表的なアップデート関連起動項目の例
Java updater
Adobe Reader Updater

この記事は役に立ちましたか? 役立った 役立たなかった
0 人中 0 人がこの記事は役に立ったと言っています。

レクタングルWset

 

PC汎用PR:Windows、34歳の記念セール

Windows、34歳の記念セール!
Windowsは1985年11月に生まれました。これを記念して「Vectorソフト祭り」が開催中です! (期間限定のものも多数あるため、終了の際はご容赦ください)
Windows7フォーエバー - Security -
2020年1月にサポートが切れるWindows7をいつまでも使い続けるための永久型セキュリティを提供
メーカー希望小売価格:3,999円→【50%OFF!】ベクター特価:1,980円
マカフィー リブセーフ 3年版
Windows / Mac / Android / iOSのマルチデバイス対応。家族内で無制限のデバイスを保護できる!