新宿行きのおばちゃん

※多忙なのですが移動中は暇なので更新します

小田急線の、とある駅で椅子に座りながら電車を待っていたときのこと。

列車が来たと思い席を立ったものの、通過列車だったので再び腰を下ろした私。。。

その横で私の姿を見ていたおばちゃん。

そんな小さな恥ずかしさがきっかけで話に花が咲いた。

「あなたが持っているそれは何をするものなの?」

「これは音楽をきくものです」

私の親より少し上くらいのおばちゃん。

そんな他愛ない話しから
私の職業のはなし、おばちゃんの息子さんのはなし、30なかばにして未だ定職につかない、といったらリアルな内容など。。。

久々にこーゆーご近所トークみたいなのをしたなあーと。

「息子とは面と向かって、なかなか話す機会ないけど、こうしてばったり出会った他人だからこそこんなこと話せるのね」

「そうですね」

いいね。
こーゆーのも悪くない。

新宿につくまでしゃべってますた(`・ω・´)

この記事は役に立ちましたか? 役立った 役立たなかった
0 人中 0 人がこの記事は役に立ったと言っています。

レクタングルWset