秀丸 ファイル名自動作成&保存マクロ

秀丸で、日付をファイル名にして自動的に保存するマクロです。
これが大変使い勝手がよく、私も利用させていただいているので紹介させていただきます。
改変、配布は自由、との記述がありましたので。

配布元はこちら
http://perltips.twinkle.cc/windows/hidemaru_save_text.php

ソース&使い方  -> これをこのまま**.txtとして保存。

// 秀丸 ファイル名自動作成&保存マクロ
//
// Copyright (c) 1996-2006 twinkle.cc All Rights Reserved.
// 改変、配布は自由
// →でも修正したら連絡いただけると嬉しいです:perltips@gmail.com
//
// ○このマクロについて
//
// このマクロは、秀丸で書いた文章にファイル名を日付で付けて保存し、終了します。
// 以下の 2点で自動化します。
//
// 1) 書いた文を、指定されたディレクトリに日付をファイル名として保存。
// ファイル名は yyyyddmmx.txt というフォーマット。
// yyyymmdd は 2006/12/24 などのフォーマット。
// x は、その日で保存した順に、a、b、c、…とついていきます。
// つまりファイル名は 20061224a.txt、20061224b.txt… などの名前に
// なります(ファイル名を考えなくてすむので便利)。
// 2) タブを空白に変換します (97行目)。
//
//
// ○ 設定方法
//
// 1) 秀丸エディタの設定メニューから、
// その他|動作環境|環境|マクロファイル用のフォルダ
// で、マクロを保存するディレクトリを指定。
// 2) 下の、[保存するディレクトリの指定] のところで、
// 書いたメールを保存するディレクトリを指定。
// ディレクトリの区切り記号 \ は \\ と2つ重ねる。
// 3) このマクロを save_txt.mac などの名前で、
// 1) で設定したディレクトリに保存。
// 4) 秀丸のメニューから、マクロ|マクロ登録|ファイル名で
// 3) で指定したファイル名を選択。タイトルを設定。
// 5) 必要なら、秀丸でキーカスタマイズとツールバーを
// カスタマイズすればボタンひとつでマクロを走らせることが可能。

// [保存するディレクトリの指定]
// ネットワークにある PC に保存するとき
// \\your_computer_name\data\mail\2006 に保存する場合
// (2006 などの年ごとのディレクトリは毎年作ってください)
$savedir = “\\\\your_computer_name\\data\\mail\\” + year + “\\”;

// ローカルに保存するとき
// $savedir = “c:\\data\\mail\\logs\\” + year + “\\”;

// ここから先はプログラム
#index = 0; // 行を表す

// 最初の空白行は無視
gofiletop; // ファイルの先頭に移動
while(!linelen2) {
delete; // 改行を削除
}

// 日付をファイル名として保存
gofileend; // ファイルの終わりで作業
insert “\n”;
insert year;
insert month;
insert day;
insert “a.txt”; // yyyymmdd.txt という名前を付ける
copyline; // 行をコピー
beginclipboardread; // クリップボードの選択を開始
$filename = getclipboard; // ファイル名をクリップボードから取得

// ファイルが存在するかどうか
if (filename != “” ) {

// filename の初期化
if (leftstr(filename, 3) == “\\\\\\”)
$filename = rightstr(filename, strlen(filename) – 1);
else
$filename = filename; // 既存のファイル名をつける。

} else {

while (existfile($savedir + $filename)) {

$index = midstr($filename,8,1); // 現在の index を取得 (初期値 a)
$index = char(ascii($index)+1); // index を更新(a,b,c, …)
golinetop; // 行の先頭に移動
right 8; // index 位置に移動
insert $index; // index を付加
delete; // 更新前の index を消す
copyline; // できたファイル名をコピー
beginclipboardread; // クリップボードの選択を開始
$filename = getclipboard; // ファイル名をクリップボードから取得
}
}

$filename = $savedir + $filename; // ファイル名をフルパスで生成

// ファイル名の後処理
selectline; // 1行選択
cut; // カット
backspace; // 最初に付けた \n を削除

// 作成した内容をクリップボードにコピー
selectall; // 全ての範囲を選択
tospace; // タブ→空白変換
copy; // クリップボードへコピー
escape; // 選択を解除

// ファイル名を付けて保存
saveas $filename;

// 秀丸を終了
exit;

この記事は役に立ちましたか? 役立った 役立たなかった
0 人中 0 人がこの記事は役に立ったと言っています。

レクタングルWset