私が自宅で執筆モードに入るために必要なアレコレ。

私が自宅で執筆モードに入るために必要なアレコレ。

執筆なんてコトバは少々大げさかもしれませんので、そのコトバを使わずに言いますと
「私的にワリとしっかりめのブログ記事を書くときのモード」でしょうか。
執筆以外にも、たとえば何かおいしいお店の情報を真剣に探すとき、とか
とにかく集中したいときも、同様の扱いとなります。(*´д`*)

それでは以下、ご紹介していきます。
これがすべてではありませんが、一応こういうことで集中していることもあるよ、
ということぐらいに思ってくださいませ。

●クラシカルミュージック
普段はj-popや洋楽をメインに聴いている私でありますが、
何か気分を一新するために、クラシカルミュージックを聞くことがあります。
楽曲のソースは、インターネットラジオです。iTunesを使ってます。便利ですからね。
心が落ち着いて、キーボードを叩く音も軽やかになるというものです。

●コーヒー
これも欠かせませんね。夏場はアイスコーヒー。冬はホットコーヒーで決まりです。
ちなみに今飲んでいるのは、ネスカフェ香味焙煎です。
私はよく珈琲を飲む方だと思いますが、それほど珈琲通ではありません。一応。

重要なのは以上の2点ですが、以下にもう少し何点か挙げておきます。

●寝起きには、顔を洗う
寝起きに顔を洗わないと、どうも心身ともにスッキリしません。
朝起きて顔も洗わずダラダラしているときもあるのですが、
そんなときに、ちょっと物書きでも始めようかな、と思ったときは
まず顔を洗ってサッパリして気分を引き締めるようにしています。
。。もう私もそれなりの年齢ですので、顔を洗ったあとは化粧水をつけておきます(*´д`*)

●快適な室温に湿度
別に執筆モードに入るキッカケに限らず、集中するとき全般に必要なことだと思うのですが。
あまりに暑すぎたり寒すぎたり、ジメジメしていたりカラカラだと、当然集中力も削がれるというものでして。
冬はエアコン+加湿器、夏はエアコン+除湿機など、なるべく快適な環境を維持しています。

●静寂
BGMを除いた、静寂です。これも、集中するとき全般に必要なことですね。
うちは電車沿線のため、窓を閉め切ってしまうことも多いです。
テレビはもちろん消します。

以上です。

この記事は役に立ちましたか? 役立った 役立たなかった
0 人中 0 人がこの記事は役に立ったと言っています。

★レクタングルWset