私がiPod touchを買わない理由。

2019年2月9日

私がiPod touchを買わない理由。

はじめに結論を書きます。
「利用するシチュエーションが無い」から。

電車での通勤時間の空き時間にネット閲覧やブログ更新をする
というのが、私がiPod touchで最も多い利用用途になると思います。

言い換えると、
iPod touchを買う=携帯電話の「電話」機能を除いたフルブラウザ通信機能を買う
ということになります。

こうして考えた場合に、
無線 LAN スポット(※1)でしか
ネットへ接続できないiPod touchを買う意味がない。
通勤電車では通信できないのだから。

ネットはおろかyoutubeも見れないし、
iTunes Wi-Fi music storeも使えない。

1000歩譲って通信が出来たとしても、
もうひとつ大きな障害がある。
ブラウザからコピペできない、というのだ。
これでは、せっかくのフルブラウザの魅力も半減以下である。

というわけで、私はiPod touchを買いません。

インターフェイスが素晴らしい?
デザインが素晴らしい?
アンビエントライトセンサー?(※2)
加速度センサー?(※3)

それらは結局、私にとって買う理由にはならないようだ。

●脚注
※1
無線 LAN スポット 【むせんランスポット】
外出先においてユーザーが所持する情報機器からのネットワーク接続を可能にする場所や施設。またそのようなサービス。多くの場合無線を利用した接続サービスをさす。ホット-スポット。
「ホットスポット」は商標名。はNTT コミュニケーションズが提供する無線 LAN スポット。

※2
周囲の明るさに応じて輝度が自動的に調整されます。

※3
iPod touchのディスプレイを縦長から横長に回転させると、画面のコンテンツも自動的に方向転換します。

●参考リンク
アップル – iPod touch
http://www.apple.com/jp/ipodtouch/