私なりの、桃を究極に美味しく綺麗にむいて食べる方法


桃の美味しい季節ですね。
今日は桃を美味しく食べる方法をご紹介します。

1.買った桃は、冷蔵庫でよく寝かします。
腐る一歩手前の完熟が食べごろ。早すぎると剥きにくいうえに美味しくありません。
モノによっては、いつまでたっても固いままの、
変な桃がありますが、これはハズレですね。
店を変えたほうがいいかもしれません。
美味しい桃を売ってくれるお気に入りの店を探しましょう。

2.完熟の桃を、境目に沿ってグルリ一周、包丁で切り込みをいれます。
中央の種に当たるぐらいのチカラ加減でいいと思いますが、
種までは完全に切ってしまわないでください。
瓶詰めのフタを開けるような感覚で回転させます。
すると、いい具合に桃がふたつにちぎれると思います。

3.種のついたほうの桃の種のまわりを、スプーンでぐるりとうまい具合に
掘って種を取り除いてください。スコップで砂を掻き出すようなかんじですかね。

4.ここまできたら、後は桃の皮をやさしく手でむいてあげてください。
包丁をつかってもいいですが、指でペロンペロンと少しずつでも
むいていった方が綺麗にむけると思います。

美味しい桃を召し上がれ♪

私は30年間、何をやってきたのでしょうか。
それくらい衝撃でした。