自由に」ソフトウェアを開発できる環境というのは、誰にとっても魅力的というわけではない

自由に」ソフトウェアを開発できる環境というのは、誰にとっても魅力的というわけではない

小野和俊のブログ:ソフトウェア開発の「自由の悲劇」
http://blog.livedoor.jp/lalha/archives/50228148.html

この記事は役に立ちましたか? 役立った 役立たなかった
0 人中 0 人がこの記事は役に立ったと言っています。

レクタングルWset