若い頃の住まいと暮らしの話 ~ 第二部

若い頃の住まいと暮らしの話 ~ 第二部

※第一部からご覧ください
http://blog.kimihiko.jp/article/17459357.html

●優しかった大家さん

そのアパートにはチャリ置き場がありませんでした。
部屋を探していたとき、この物件を検討するにあたって、チャリ置き場が無い、というのがネックでした

ただ、大家さんに交渉してみる余地はある、ということで仲介屋さんから交渉いただいた結果、
大家さんの自宅の前(アパート一階が大家さんの家)に置いていいですよ、ということになったので
私はそのアパートに決めたんです。

家賃は水道代込みで45000円だっけ。
で 支払いは大家さんの自宅に押しかけて
直納するというスタイルでした。
毎月、大家さんの顔を拝みます

支払いに行くと、
「これ、持っていきなさいよ」と
大家さんから手土産を持たされることがありました。
夏はビール6缶セットとか、冬は蜜柑とか、そんなかんじです

当時は相当なボンビーでしたんで
食料が無料で手に入るのが
単純にうれしかったような(´・ω・`)

。。。そんな大家さんご夫妻の顔は
今でも目を閉じれば おぼろげながら
思い出すことができます!

おわり

この記事は役に立ちましたか? 役立った 役立たなかった
0 人中 0 人がこの記事は役に立ったと言っています。

★レクタングルWset