Adobe ImageReadyで、最適化ファイルの保存、で保存をすると、元ファイルの名前が長い場合、短いファイル名になってしまいますが、これを回避する方法。

Adobe ImageReadyで、最適化ファイルの保存、で保存をすると、元ファイルの名前が長い場合、短いファイル名になってしまいますが、これを回避する方法。

ファイル→出力設定→ファイルの保存
で表示されるパネルの一番下の「ファイル名の互換性」で、MacOSとUNIXのチェックを外すと、長い名前で保存できます。
これは、MacOSのファイル名が31文字までしか対応していないので、ファイルのやりとりに不自由の内容に設けられたオプションです。

テスト環境:Windows XP ,Adobe ImageReady CS

この記事は役に立ちましたか? 役立った 役立たなかった
0 人中 0 人がこの記事は役に立ったと言っています。

★新記事下ハイブリッドads