Chrome単体で複数のtwitterアカウントを同時運用する夢のような方法【2分でOK】【PC】【令和】

おことわり

はじめに書いておきますが、本記事は、Twitterの新機能「マルチユーザーログイン機能」の使い方を説明する内容【ではない】です。

twitterのマルチユーザーログイン機能は、
複数のアカウントのログインユーザーを簡単に切り替えできて便利
ですが、
あくまで【ログインユーザーの切り替えが簡単にできる】だけであって、
複数のアカウントを同時にアクティブにはできません。

本記事ではTwitterの「マルチユーザーログイン機能」にも触れてはいますが、
記事の補足的な位置付けで書いています。
マルチユーザーログイン機能は、【PCブラウザ版 twitterの新しいUI】や【スマホの最新のtwitterアプリ】で提供されている機能です。

はじめに

ソーシャルネットワークが当たり前の令和時代。
Twitterでの情報を受け取ったり、発信するのが当たり前の令和時代に___。

Twitterで複数アカウントを使う人も多くなってきました。

一昔前なら、俗に言われる“裏アカ”というもので、
裏でこっそり本音をさらけ出すために
メインとは別にtwitterアカウントを作成する、といった使い方で
複数のtwitterアカウントを運用するというようなイメージも色濃かったですが、
さらに時代は進みまして、そういった用途に限らず、
単純にアカウントの用途や専門性を高めるために
複数のTwitterアカウントを作成して使い分ける
といった
つぶやき側の使い方が増えてきた印象です。

その証拠、前述したTwitterの新機能
マルチユーザーログイン機能の実装ですよね。

そうしたなかで、
ぼくが元々持っているアカウントとは別に作成したのが
この kimihiko tech ブログのtwitterアカウントです。
(そういえばブログ記事でのお知らせはこれが初めてかも…。)

前置きはこれくらいにして、本題です。

はじめに複数のtwitterアカウントの同時運用をするために
いくつか設定を行います。
以下に手順を書きますので読んでみてください。

設定の手順1 ~デバイス環境とtwitterアカウントの確認~

デバイス環境としてはPC(windows)でchromeを想定しています。

そして当たり前ですが複数のtwitterアカウントを
すでに持っていることを前提としています。
(でないと、この記事を見ていないと思うので…。)

既に複数のtwitterアカウントを持っている場合は読み飛ばして
手順2に進んでください。

複数のtwitterアカウントを持っていない場合は
複数のtwitterアカウントを作るとこからはじめてください。

もしtwitterアカウントを1つだけ持っている状態なら
一度アカウントからログアウトしてください。
新規アカウント作成は、ログアウトしないと作れないので…。

なお、複数のメルアドがあれば、複数のtwitterアカウントは作れます

設定の手順2 ~chromeのユーザー設定~

2019-06-08_22h56_49
Chromeを開いて、右上のユーザーアイコンから
ユーザーを管理を選択。

2019-06-08_22h58_01
ユーザーウインドウが開くので、
そのウインドウの右下の【ユーザーを追加】をクリック。

2019-06-09_17h00_54
好きなユーザ名をつけて、アイコンを選んで、追加をクリック。

【ご注意】
2019-06-09_02h50_17
Chromeには同期設定がありますが、
これをユーザーごとに設定しておくと色々便利かと思います。
ただし、同期について、よくわからない場合は、同期しなくてもいいです。

【Chromeのユーザーの数】が【twitterアカウントの数】
になるように、このユーザーの追加作業を繰り返してください。

事前準備はこれだけです。

実際に同時運用をやってみる

例として、【設定の手順2】のところで追加した
ユーザー1、ユーザー2を使って、
2つのtwitterアカウントに同時ログインして
同時運用する方法を書きます。

2019-06-09_18h58_59
Chromeを開いて、右上のユーザーアイコンが
ユーザー1になっていることを確認します。
(上にマウスカーソルを置くとユーザ名が出たりします)

2019-06-09_19h01_06
そのままtwitterページにアクセスして
1つめのtwitterアカウントにログインします。

2019-06-09_19h06_36
再び右上のユーザーアイコンをクリックし、
ユーザー2をクリックします。

2019-06-09_19h07_53
するとChromeの新しいウインドウが開きますので
右上のアイコンがユーザー2になっていることを確認してください。

2019-06-09_19h09_05
こちらでもtwitterページにアクセスして
2つめのtwitterアカウントにログインします。
(例では kimihiko tech のアカウントです)

2019-06-09_19h09_12
ユーザー1、ユーザー2でログインしたChromeのウインドウを並べると
これで画面上、ぱっと見では、同時ログインしているように見えました。

2019-06-09_21h23_50
試しに両方のウインドウでリロードしてみてください。

twitter.comのアドレスは同じでも、
ログイン中のユーザーは別々のままだと思います。

これで複数のtwitterアカウントが同時運用できていることを確認できました。

さらに便利になる!おすすめの設定

さらにやっておくと便利になる設定です。

Twitterは新UIでマルチユーザーログイン設定しておくと便利

chromeの新しいユーザーでtwitterにはじめてログインした場合、
twitterの表示は旧UI(現行UI)で表示されるかと思います。
(2019/6/9現在)

2019-06-09_18h37_44
その場合、右上のユーザーアイコンをクリックして表示される
メニューの下の【新しいTwitterを試す】をクリックすることで
新UIに切り替えることができます

新UIでは見た目の変更以外にマルチユーザーログイン機能があります。
この設定をしておくと、複数アカウントの切り替えが楽になります。

2019-06-09_18h37_25
▲旧UI

2019-06-09_18h36_40
▲新UI

【注意】
最近twitterアカウントを作成した場合は、
【新しいTwitterを試す】がメニューに無い場合があります。
twitter社が従来のユーザー向けに限定的に
新機能をテスト公開しているためだと思われますので
メニューに無い場合は諦めてください

chromeのユーザー別のショートカットアイコンを作っておくと便利

chromeのユーザー別に、twitterのログインが完了したら、
それぞれ、ユーザーアイコンの付いたChromeのショートカットアイコンを作っておくと便利です。
さらにそのアイコンをタスクバーにピン止めしてもいいかも。

ユーザーアイコンの付いたChromeのショートカットアイコンの作り方は
以下を参考にしてください。

あとがき

今回、複数のtwitterアカウントを同時運用する方法として
記事をかきましたが、内容を見てもらえれば分かると思いますが、
結果的にChromeのユーザ切り替え機能は便利よ、ってことを
メインにお伝えする記事になって気がします(笑)

Chromeのユーザーの概念は、windowsのユーザーアカウントと同じように
全く別のユーザーとして切り分けられたものとなります。

なのでtwitterに限らず、どのようなアカウントでも
別々にログインして同時運用が可能となります。

便利ですし、使いこなすと色々夢が広がりますんで
ぜひ試してみてくださいね。