知らないと損!誰も教えてくれないダイソンV6とV8の違い12個


「ダイソンのV6とV8って何が違う?」「実際に使ってみた感想が知りたい」など、ダイソンの掃除機の実際の使った感想が知りたいですよね?

こんにちわ。きみひこです。

家でずっと使っていたダイソン V6をV8に買い替えました。

そこで、ダイソンV6とV8の違う点を、実際に使い比べながら12個をまとめました。

誰もこんなこと調べて教えてくれないですし、もしダイソンの掃除機をこれから買おうかな?買い換えようかな?と検討されているなら、あらかじめこの記事に書いていることを知っておいた方があとで後悔しにくくなるかなと思います。

必ず参考になると思っているので、ぜひ読んでみてくださいね。

それでは早速いってみましょう!

これがダイソンV6とV8です

手前がダイソンV8、奥がダイソンV6です。

(正式には、dyson v8 fluffy extra と dyson v6 slim origin です。)

V6をずっと使っていて、買い替えでV8をを購入しました。

パッと見ではパーツの色味が若干ちがうのかなくらいですが…実はかなり変わっていますよ。

ダイソンV6とV8の違いはこれ!

  1. 大きさが少し違う
  2. 吸引モードの切り替えスイッチが違う
  3. ノズルブラシが微妙に違う
  4. モーターヘッドがぜんぜん違う
  5. パイプの長さが意図的に違う
  6. 駆動音がかなり違う
  7. カーペットを掃除したときの感覚が違う
  8. カーペットのめくれかたが違う
  9. ごみの捨てかたが全く違う
  10. 重さが違う
  11. 充電時間が1.5時間違う
  12. 要メンテのフィルタの数が違う

ひとつひとつ説明しますね。

大きさが少し違う

大きさが少し違います。

全長がV8のほうが少し長いですね。

細かく見ると色々違いますが、一旦置いておきます。

吸引モードの切り替えスイッチが違う

V8は上に、V6は背面に吸引モードの切り替えスイッチがついてます。

V6は背面のボタンを押して吸引モードを切り替えますよ。

ノズルブラシが微妙に違う

デザインが少し違うだけでほとんど同じようですが、微妙に違います。

毛先の長さが、V8のほうが若干長いです。(赤いボタンがあるほうです)

実際掃除してみるとブラシが微妙に長いぶん、スキマが微妙に掃除しやすくなってました。

モーターヘッドがぜんぜん違う

手前がV8、奥がV6のモーターヘッドです。

この画像だと少し分かりづらいのですが、ぜんぜん違います。

裏向けると分かりやすいですね。

V6はブラシの形状で、V8はカーペットを巻いたような形状のブラシになっています。

モーターヘッドの髪の毛問題

よく見てもらうと分かるのですが、V6のブラシヘッドは掃除をすると

1回掃除するだけでも床に髪の毛が落ちていれば、とくに長い髪の毛がかなり巻き付きます。

どんどん巻き付くので、定期的にモーターヘッドを分解してブラシを掃除する必要があるんですね。

いままでは「こんなもんかなぁ」と思って使っていました。

V8でカーペットを掃除してみたんですが、髪の毛が全く絡まっていませんでいた。

この新型ブラシのうわさは僕も知っていたのですが、絡まっても「ブラシじゃないから取りやすいよ」ってことかと思ってたんですね。

もちろん巻き付いても外しやすいのもあると思うんですが、そもそも巻き付きにくい構造みたいですね。

これは素直に嬉しくなりました!

髪の毛が絡まないのは、単純に掃除出来てないだけでは?とも思ったんですが、しっかりクリアビンにはゴミが溜まってたので、吸引はしてるみたいです。(そりゃそうですね…。)

※クリアビンは、掃除機のゴミの溜まる透明な筒の部分のことです。

パイプの長さが意図的に違う

向かって左がV6、右がV8のパイプです。

パイプの長さが違うのですが、これ意図的だそうです。

V8は日本人の身長から使いやすさを考慮して、短くしたんだとか。

なんて失礼な…!

……

いえいえ。冗談ですよ(笑)

ぼくは身長165cmなのですが、実際使ってみると短い方がしっくりきました。

長いとそれだけ振り回されますし、制御もむずかしくなりますからね。

駆動音がかなり違う

これは実際に聞き比べてください!

ただし音が出るので電車などでは注意してくださいね。

Untitled
↑↑V6の駆動音

Untitled
↑↑V8の駆動音

聞き比べてみると、はじめに紹介したV6のほうが若干キーが高くて駆動音が大きいです。

これは実際に聞くと明らかに分かるレベルですね!

カーペットを掃除したときの感覚が違う

駆動音に引き続き、これも実際に見比べてください!

※音にご注意ください。

Untitled
↑↑V6でカーペットを掃除

Untitled
↑↑V8でカーペットを掃除

動画では感覚までは伝わらないと思うので書くのですが、

普段V6に慣れている人がV8を使うと、動かしにくいと思います。

V8の大きくペタッとしたヘッドブラシのせいか、V6を使うようにカーペットの上をゴシゴシと掃除すると、動きづらくなりますね。

ただし力を抜いて掃除機をかけると、雲の上を撫でているのうな感覚でスイスイと掃除が出来ました。

慣れるとこっちのほうが断然軽くて疲れないかもしれませんね。

カーペットのめくれかたが違う

いままで使っていたV6では、カーペットの端を掃除すると、カーペットの種類によっては、めくれあがっていました。

ダイソンの吸引モードがMAXじゃなく標準モードでもめくれるので、さすがダイソンは吸引力が違う!なんて呑気に喜んでいました。

ところがV8で試すと、カーペットがめくれない!

いつもめくれるカーペットが、何でもやってもめくれない。全然違いました。

ごみの捨てかたが全く違う

個人的に最も違いを感じたのが、このゴミ捨てですね。

V6であった問題を大きく改良しているなと率直に感じました。

これも実際に見てもらった方が早いですね。

V6のゴミ捨て方法

クリアビン(透明の筒)の横にある赤い部分を持って下に引き下げます。すると、クリアビン下のフタが開いてゴミが下から排出されます。

ワンタッチでゴミ捨てが出来てとても便利ですね。

ただし1点、問題点があります。

しばらく使い続けたあとのV6です。内部の一部が真っ白になっていますよね。

しばらく使っていると、中の網状の部分にホコリがぺったりとくっついてしまいます。

通常のゴミ捨てでは、この内部に貼り付いたゴミは落とせないんですね。

中をキレイにするには、クリアビン(透明の筒)ごと取り外してから、ブラシなどで掃除する必要があり、そこそこ手間がかかります。

V8のゴミ捨て方法

V8のゴミ捨ては全く違います。

上にある赤い部分を

垂直に引き上げます。

そのまま上まで引き上げると、下が自動的に開いて、ゴミが排出される仕組みです。

「ん? でも、何が改良されたの?基本的には同じでしょ?」って思いますよね?

↑↑この部分をよくみてください。赤い部分とアミの部分です。

ほぼ、ぴったりくっついているんですね。

これを上に抜くわけなので…

…そうなんですよね。

中のアミにホコリがくっついたとしても、ゴミ捨て操作をすれば勝手に赤い部分で剥がされてキレイになるんです。

よく考えたなーって思いましたよ!

なのでV8では中にくっつく汚れは、ほぼ気にする必要が無いんですね。

重さが違う

これは掃除機を持ち上げたときに、すぐ分かりました(笑)

実際に計ってみました。


↑↑ 1302グラム


↑↑ 1583グラム

両方ともノズルブラシ付きで計ってますが、V8のほうが281グラム重いです

充電時間が1.5時間違う

トリセツによると、充電時は以下のようになっています。

Dyson V6 Dyson V8
充電時間 3.5時間 5時間

V8のほうが充電時間が1.5時間長いですね。

ただ、V8の駆動時間はV6と比べて2倍です。

Dyson V6 Dyson V8
駆動時間 20分 40分

※標準モードでノズルブラシ装着の場合

充電時間をとるか、駆動時間をとるかって感じでしょうか。

フィルターのメンテ箇所が違う

トリセツをみると、フィルターのメンテについて書かれていますが、

  • V6は本体中心に1か所
  • V8は本体中心と本体背面の2か所

と書かれていました。

このフィルターですが、トリセツには「最低1か月ごとに水で洗いましょう」と書いてあるんですけど…

週に1~2回くらい掃除をする我が家では、1ヵ月に1回もフィルター掃除しないですね。

それどころか、ほとんど掃除しないです(苦笑)

たまにフィルターを開けて、目で確認したり、臭いをかぐんですけど…、ぜんぜん大丈夫そうなんですよね…(笑)

でもきっと、しっかり洗った方がいいですよ(苦笑)

フィルターのメンテ箇所が増えると面倒ですが、裏を返せばメンテをしっかりやれば、さらに清潔に使えるとも言えますね。

まとめ:V6とV8はどっちがいいの?

ダイソン V6とV8の違いを12個並べましたが、結果的にどちらがよいのでしょうか。

何を重視するのかで変わると思うんで、人によってどちらが良いかは変わってくるのかなと思います。

ちなみにぼく個人的には、いろいろとラクができるV8が良いなぁと思いました。

V8がラクな理由

  • 実際にやってみてゴミ捨てが明らかにラク
  • モーターヘッドに髪の毛が絡みづらいのでメンテが少なくて済むのでラク
  • 力要らずで掃除機掛けができるので慣れるとラク

少しでもラクしたい人はダイソンV8軽くてコンパクトなのが良い人はダイソンV6、ってところでしょうか。

ダイソン掃除機選びの参考になれば嬉しいです。

V6とV8、安く買えるところはどこ?

Dyson V8 Dyson V6
ダイソン公式 確認する 確認する
ショップチャンネル 確認する 確認する
Amazon 39,298円 37,218円
楽天 34,800円 31,980円
Yahooショッピング 43,800円 35,700円
Qoo10 39,800円 32,967円

もし買うなら1円でも安いところがいいですよね。

どこが安いかチェックしてみたので、参考にしてください。V6もV8も意外と同じような値段ですよ。

ショップチャンネルとダイソン公式サイトでは、特定の商品を期間限定でゲリラ的に激安で売ってますね。

※記事執筆時の調査結果です。販売状況は日によって異なります。

この記事は役に立ちましたか? 役立った 役立たなかった
0 人中 0 人がこの記事は役に立ったと言っています。

★レクタングルWset