Excelを起動せずに、複数のExcel(XLS)ファイル内の文字列を一括置換できる「Replace Text in XLS」

Excelを起動せずに、複数のExcel(XLS)ファイル内の文字列を一括置換できる「Replace Text in XLS」
http://www.forest.impress.co.jp/article/2007/09/18/replacetext.html
http://www15.big.or.jp/~t98907/replaceinxls/
仕組みとしては、辞書ファイル、と呼ばれるテキストデータを
もとに、置換動作が行われます。

実際に試してみましたので、ご紹介。

02
まず、適当にテキストファイルを作ってください。
タブ区切りで 置換前 置換後 の文字列を用意します。
複数行データを用意することで、複数置換文字列の一括置換なんてことも
可能になります。とりあず今回は一行で。
文字コードがUTF-16LEでBOM(Byte Order Mark)つきのテキスト形式で保存しておく必要があるので、秀丸など様々な文字コードを扱えるエディタで作成してください。

01
つぎに、ソフトを起動してください。

03
このウインドウへ、先ほど作ったテキストファイルをドロップします。

04
すると、このようなメッセージが表示されます。

05
次に、Excelファイルを用意します。
今回はサンプルとして置換対象文字列のみを用意しています。
Excelファイルは、book1、2と2ファイル用意してみました。

06
今度はExcelファイルを、ウインドウへドロップしてください。

09
すると、置換処理がはじまります。

10
置換が終わると、置換済み、という文字列がついた新規Excelファイルが出力されます。

列指定など、もうちょっと高度なこともできるようですが。。。
とりあえず。

これは便利ですなぁ(●´ω`●)

この記事は役に立ちましたか? 役立った 役立たなかった
0 人中 0 人がこの記事は役に立ったと言っています。

レクタングルWset

 

PC汎用PR:Windows、34歳の記念セール

Windows、34歳の記念セール!
Windowsは1985年11月に生まれました。これを記念して「Vectorソフト祭り」が開催中です! (期間限定のものも多数あるため、終了の際はご容赦ください)
Windows7フォーエバー - Security -
2020年1月にサポートが切れるWindows7をいつまでも使い続けるための永久型セキュリティを提供
メーカー希望小売価格:3,999円→【50%OFF!】ベクター特価:1,980円
マカフィー リブセーフ 3年版
Windows / Mac / Android / iOSのマルチデバイス対応。家族内で無制限のデバイスを保護できる!