Fireworks8において、オブジェクトを使ったマスク処理についての、おさらい。

Fireworks8において、オブジェクトを使ったマスク処理についての、おさらい。

Fireworks8において、オブジェクトを使ったマスク処理の度合については
そのオブジェクトの明度によって決まります。

具体的には、
・白色(明度100)のときに透過度0パーセント
・黒色(明度0)のときに透過度100パーセント
となります。

実際にやったほうが分かりやすいと思いますので、以下に説明します。

09
fireworks8にて、キャンバスの背景を青色にし、画像を展開したところです。

12
この画像の上に白い丸のオブジェクトを描きます。
このオブジェクトがマスク処理の対象エリアとなります。

13
マスク処理するには、画像とオブジェクトを選択した状態で、マスクメニューから辿ってください。

14
すると、白い丸のオブジェクト部分を残して、他は透明になりました。
青色の背景が見え、マスク処理ができました。

15
では、白いオブジェクトが半透明だったらどうなるでしょうか。

14
この場合も変わらずマスク処理ができました。
前述したとおり、Fireworks8においてのマスク処理はオブジェクトの明度によってのみ、
行われますので、透過設定があっても、マスク処理には影響しません。

10
では、先ほどの白い丸が、黒い丸だったらどうでしょうか。

17
結果はごらんのとおりです。
マスク処理をしたのにもかかわらず、画像が消えてしまいました。
丸いオブジェクトでマスクしたので、本来ならば中央の丸の部分のみ、画像が見えそうなものです。

これはどういうことか?

実際にはマスク処理は正常にかかっています。
ただ、前述したとおり、黒色は透過度100パーセントです。
透過度が100ということは、透明人間状態なので、当然、マスク対象エリアも何も見えなくなるわけですね。
なので、たとえば多少なりともグレーに近い黒であれば、うっすら丸い画像が現れるはずですヨ

オブジェクトを使ったマスク処理とは、こんなかんじのものです。

以上です。

この記事は役に立ちましたか? 役立った 役立たなかった
0 人中 0 人がこの記事は役に立ったと言っています。

★レクタングルWset