Flickrで画像に「ぼかし」をかける方法


Flickrを使い始めて15年になる僕です。現在は有料ユーザー(Flickr Pro)で利用しています。

Flickrでは画像をアップロードして保存するだけでなく、保存後のデータを編集する機能も備わっていることをご存じでしょうか?

なかでも「ぼかし」機能は意外と使えるので解説したいと思います。

Flickrで画像にぼかしをかける具体的手順

2021-12-24_16h38_42

flickrにログインして、編集したい画像を開きます。

2021-12-24_16h39_36

右下の編集アイコンをクリックします。表示されたメニューの Edit with Flickr Photo Editor をクリック。

2021-12-24_16h40_00

すると編集画面になります。左側の水滴のようなアイコン(Focus)クリックしてください。

2021-12-24_16h40_09

Focusモードでは、いわゆるカメラのフォーカスによる「ぼかし」を表現することができます。

色々なぼかし方があるので紹介していきます。

RADIAL

2021-12-24_16h40_29

RADIALは、円形を中心として、それ以外をぼかすモード。

円形の大きさ、場所ともに自由に変更できます。

ぼかしの適用量は、画像の左にあるアイコン上のスライダーで設定できます。

MIRRORED

2021-12-24_16h41_31

MIRROREDは、円形エリアを焦点として、それ以外をぼかすモード。

LINEAR

2021-12-24_16h42_23

LINEARは、始点と終点を決め、始点から終点にかけて、ぼかすモード。

GAUSSIAN

2021-12-24_16h42_52

最後のGAUSSIANは、全体をぼかすモードです。

編集が終わったら、右上のSAVEボタンをクリックするのを忘れずに。

きみひこ
きみひこ
SAVEをクリックしないと編集内容が保存されませんので注意してください。

Flickrで画像にぼかしをかけるなど編集した画像をブログに埋め込む場合の注意点

Flickrにアップロードした画像は、ブログに埋め込むことができます。

たとえば僕が使っているWordPressでは、FlickrのURLをそのまま入力するだけで埋め込み画像として利用できます。(利用テーマは、ルクセリタス。)

注意Flickrにアップロードされている画像の多くには作成者の著作権がありますので、自分以外の画像をブログに埋め込む場合はとくに注意してください。

ところが、Flickr上で編集および保存をした内容が、ブログには反映されない(編集前の画像が表示される)場合があります。

この場合、Flicr 画像URLの末尾に、なにかパラメータをつけてください。

たとえば

  • https://flic.kr/p/2mSW2sM というFlickr画像URLであれば
  • https://flic.kr/p/2mSW2sM?clr のような感じにする

ということですね。

パラメータを付与すると、編集した画像(今回であれば、ぼかした画像)がブログにも表示されるかもですよ。

メモFlickrで編集および保存した画像が、ブログ埋め込みでは反映されない件は、おそらくキャッシュの問題だと思います。パラメータを付けることで、キャッシュをクリアしています。

以上、参考になれば幸いです。

この記事は役に立ちましたか? 役立った 役立たなかった
0 人中 0 人がこの記事は役に立ったと言っています。

★新記事下ハイブリッドads