iOS7、色々な悪評があるのを知りながら人柱アップデートしたあとの感想をじわり。

iOS7、色々な悪評があるのを知りながら人柱アップデートしたあとの感想をじわり。

いろいろ悪評が目立っていたiOS7。
そして、初期OSは色々細かい不具合があるのも分かっています。
それでもアップデートしました。

遅かれ早かれいずれこのOSに慣れないないといけないし、
iOS6に飽きてきていたのものあったので。

アップデート自体は、割と早く終わります。

初回起動でぱっと感じるのは、見た目の“平面感”
手に持って感じるのは、“動きの遊び心”

“平面感”について、そのままですが、
iOS7では立体的なビジュアルがなくなりました。
いたって平坦な印象です。

ただそれだけでは見づらくなるような気はしますが、
それを補完する別の表現を随所に感じました。

たとえば、手に持ってiPhoneを傾けると背景がゆらーり動きます。
見た目は平面なんですが、そういった微妙な動きで
背景とそれ以外の区別を表現しているんだろうなと。

あと、ロック機能のオンオフなど、
画面の切り替わりが、さらに“ふんわり”切り替わるようになりました。
まるで柔軟剤が追加されたかのように。。(笑)

とりあえず色々触ってみましたが、
致命的に悪い部分は無いんじゃないでしょうか。

1点だけ、ゲームなどでアプリを複雑に操作する方などが、
とりあえず設定変更しておいたほうがいいのは、
iOS7から実装された、コントロールセンターが下からのスワイプ出てくる機能を
アプリ起動中には制限する設定変更です。

なぜこれを制限するのかというと、
たとえばアプリでゲームをしているときなんかに、
この下からのスワイプが邪魔をする可能性があるからです。

設定の変更方法ですが、
設定⇒コントロールセンター⇒app内でのアクセス をオフ。

バッテリーのもちが若干悪くなったり、
3D描画が若干悪くなったり、
細かい不具合はあるようですが、
そのうちマイナーアップデートされると思います。

LEDライトを点灯機能が追加されていたり、
時計アプリのアイコンが現在日時を刻々と刻んでいるなど
良い面もいろいろあるので、良い面に目を向けていきたいですね!

結果的に、iOS7にしないほうがいいとは私はとくに思いませんでした。
(したあとで、思ってもアレですが)
(むしろだんだん楽しくなってきました!)

Untitled
平面化されたデザイン。
違和感をかんじやすい理由のひとつに、
iOS7の平面世界に、iOS6時代の立体的なデザインのアイコンが
混在することになるからだと思ったり。

Untitled
個人的にお気に入りの、safariのタブ切り替え表現!
ここで書類を整理するみたいに、順番が変更できたりします。かっこいい!

新しいOSを楽しめればと思います。

この記事は役に立ちましたか? 役立った 役立たなかった
0 人中 0 人がこの記事は役に立ったと言っています。

レクタングルWset