iPadでフリック入力ができない理由と対処法

2021年12月19日

僕がiPadを初めて思ったのは「入力がもどかしい…」ということ。

スマホと同じフリック入力ならいいのに!ということで調べてみたのですが…どうもうまういかない。

、、調べてみると、iPadでフリック入力するには以下の手順が必要、とのことでした。

  • 設定⇒キーボードで、日本語(かな入力)のキーボードを追加
  • 設定⇒キーボードで、「フリックのみ」をオンにする

やったんですけど、スマホみたいなフリック入力にならない…。どうして??

そんな方向けの記事です。

iPadでフリック入力できない理由

キーボード設定で、日本語(かな入力)のキーボードを追加して、「フリックのみ」ってしたのに、フリック入力できないよ?なぜ??となりませんでしたか??

僕はなりました(笑)

↑↑キーボードがこんな感じに表示されてはないでしょうか?

実はこのキーボード……

フリック入力できます! つまり、これ、フリック入力出来てるんです。

「ええっ、そうじゃなくてスマホみたいなフリック入力がしたいんだけど…。」

と、思い…ましたよね?

スマホみたいなフリック入力にすることも可能です。

iPadでフリック入力できない場合の対処法

キーボードの右下にキーボードアイコンがあるので、そこを長押し(タップ)してください。

するとこんなメニューが表示されるので、フローティングをタップします。

これでスマホみたいなフリック入力ができますよ。

ちなみにこのフローティングウインドウを移動したい場合は

フローティングキーボードの矢印の部分を押下しながらスワイプすると、移動できますよ。

iPadでフリック入力を止める方法

このフローティング…止める場合はどうすればいい??

ここでまた悩みますよね。

やり方ですが、フローティングキーボードを画面の下まで移動してください。

そうするとフローティングが解除されますよ。

以上、参考になれば幸いです。

この記事は役に立ちましたか? 役立った 役立たなかった
0 人中 0 人がこの記事は役に立ったと言っています。

★新記事下ハイブリッドads