JavaScriptのdocument.write('表示内容');の記述で注意すべき基本

JavaScriptのdocument.write(‘表示内容’);の記述で注意すべき基本

表題の件、単純なようで色々な注意点があるのでメモしておきます。
これがすべてではありませんが、間違いやすいところだけ抜粋して書きます。

表示内容(引数)を途中で改行してはいけない
×
document.write(‘表示
内容’);

同じカッコ(引用符)は使えない
×
document.write(‘<a href=’a.html’ >りんく</a>’);
×
document.write(“<a href=”a.html” >りんく</a>”);

違うカッコなら使える

document.write(‘<a href=”a.html” >りんく</a>’);

document.write(“<a href=’a.html’ >りんく</a>”);

同じカッコは使う場合はエスケープする

document.write(‘<a href=\’a.html\’ >りんく</a>’);

document.write(“<a href=\”a.html\” >りんく</a>”);

カッコについては色々な書き方があります。

表示内容にhtmlタグが入る場合は、そこでダブルクォーテーション(”)を
使うことが多いと思いますので
document.writeのカッコはシングルクォーテーションにしておくと
基本的には使いやすいと思います。

とりあえず以上です。

●参考にしたサイト

document.write の記述 – JavaScript External File
http://external-file.com/ja/document.write.html

この記事は役に立ちましたか? 役立った 役立たなかった
0 人中 0 人がこの記事は役に立ったと言っています。

レクタングルWset

 

PC汎用PR:Windows、34歳の記念セール

Windows、34歳の記念セール!
Windowsは1985年11月に生まれました。これを記念して「Vectorソフト祭り」が開催中です! (期間限定のものも多数あるため、終了の際はご容赦ください)
Windows7フォーエバー - Security -
2020年1月にサポートが切れるWindows7をいつまでも使い続けるための永久型セキュリティを提供
メーカー希望小売価格:3,999円→【50%OFF!】ベクター特価:1,980円
マカフィー リブセーフ 3年版
Windows / Mac / Android / iOSのマルチデバイス対応。家族内で無制限のデバイスを保護できる!