Logicool M331 マウスホイールがキュルキュル言うので分解して掃除した件

うーん…なんか最近 Logicool M331 のマウスホイールがキュルキュル言うわ…。ストレス…。

きみひこ
きみひこ
うーん…なんか最近 Logicool M331 のマウスホイールがキュルキュル言うわ…。ストレス…。

マウスホイールを回すとキュルキュルという異音が出るようになる。今までに何度もあります。

でも今まではしれっと買い替えてた(笑)

けど今回はキュルキュルまでがかなり早い、、、まだ1年くらい。

気に入ってるからそこそこ使っているというのはあるんだろうけど。

キュルキュルする以外は全く問題ないし、買い替えるにはモッタイナイ。

というわけで分解して掃除することを決意。

その手順を解説していきます。

注意分解作業は自己責任でお願いしますm(__)m

Logitec M331 マウスホイールがキュルキュルいう原因

キュルキュルの原因はホイールの回転部分の摩擦音。

長く使うことなどで、ホイールと本体の接点の滑りが悪くなってきて異音が出るようになっているんですね。

ホコリが溜まって滑りが悪くなることもありますよ。

Logitec M331 マウスの分解前に準備したいもの

シリコンスプレー

シリコンスプレーは、対象物をシリコンでコーティングをして滑りをよくする潤滑剤のひとつ。

潤滑剤にはいろいろな種類がありますが、プラスチックに使えるのはシリコンスプレーです。

ちなみに今回使うシリコンスプレーはダイソーで買いました。

きみひこ
きみひこ
コンパクトサイズで無駄がなく、おまけに安い。おすすめです。

極細のプラスドライバー

マウスはネジで固定されているので、そのネジを緩めるためにドライバーが必要です。

極細のプラスドライバーを用意しましょう。

きみひこ
きみひこ
準備物は以上2点。準備ができたら実際に分解していきましょう。

Logitec M331 マウスの分解手順

電池を交換するときの要領で、裏のフタを外します。

裏のフタが外れたら電池も外します。

ここにネジ穴があります。(事前調査済み)

でも見た感じネジなんて見当たりません。

…実はこの黒いシールの裏側に隠れてます。

なので次はこの黒いシールをはがしていきます。

シールの右上をはがすようにしてください。

爪でやるか、平たくて固いものがあればそれを使うのもよいかも。

きみひこ
きみひこ
僕は爪でやってしまいました

はがすといっても全部はがす必要はありませんので安心してください。

ネジが見えるとこまででOK。

ネジが外せれば分解できます。

このあたりを持ってやさしく持ち上げると開きます。

開けるとこんな感じ。はじめてマウスの中を見たかも(笑)

音の原因はこのホイール。

ホイールと本体の接点にスプレーします。

上記、見づらいですが、この黒い穴の部分にもスプレーしました。(ここが特にポイントかも)

スプレーしたらホイールを指で押したり回したりして異音の変化を確認しましょう。

ホイールを回すことによりシリコンが馴染む作用もあると思います。

注意シリコンスプレーは説明書きをよく読んで使いましょう。説明書きのとおり、よく振ってから使いました。

ついでにクリックボタンの部分にもスプレーしておきました。

事前の調査で、クリックの部分も滑りが悪くなることがあるようなのも見かけたので念のため。

左右の赤いボタンがクリックボタン。

中央のホイールの軸の右下にあるボタンがホイールクリックのボタンですね。

あと、マウス内をよく見るとホコリやチリが入ってたのでエアダスターで綺麗にしました。

注意エアダスターも説明書きをよく読んで使いましょう。説明書きのとおり、振らずに使いました。シリコンスプレーとは逆の使い方だったので特に注意してください。

メモシリコンスプレーはツヤ効果もあるのでスプレーしたところはテカリます。

きみひこ
きみひこ
精密機器で細かいパーツが多いので掃除するならエアダスターがおすすめ

Logitec M331 マウスを元の状態に戻す手順

シリコンスプレーとエアダスターでマウスの掃除が完了したら、分解したマウスを元に戻していきます。

上と下をくっつけて元の状態に戻すのですが、少しやりづらいかも。

やり方としてはまず前方を合わせる。そのあと後ろをくっつけます。

そうすると少し力を入れるとカパッとハマりますよ。

あとはネジを締めて、シールも元の状態に戻します。

電池を入れてカバーを戻したら、マウスがきちんと動作するかチェックしてみましょう。

Logitec M331 マウスを分解して掃除した結果

掃除をした後、しばらくマウスを使っていますが、新品のような使い心地に戻りました。

静かでしっとりしたタッチに戻ったというか…。

ギシギシ、キーキー、ギーギーといった軋み問題は、モノを長く使っていれば何にでも起こります。

今回の異音対策は、マウス以外でも何にでも応用可能。

異音はちょっとメンテすれば治ります。

自己責任にはなりますが、ぜひチャレンジしてみてください。

この記事は役に立ちましたか? 役立った 役立たなかった
0 人中 0 人がこの記事は役に立ったと言っています。

★新記事下ハイブリッドads