Mysql4.0.20aインストールから確認まで for windows XP

Mysql4.0.20aインストールから確認まで for windows XP

参考文献:mysql入門以前
※この本は初心者にとっては本当に良書だと思うのでおすすめ!

MySQL入門以前

で、以下具体方法。

まず本体をインスト。
アーカイブは本書ROMから取り出したものを
デスクトップに出して利用。
名:mysql-4.0.20c-win

フォルダのなかのsetup.exeからスタート
ウィザードはそのままなんでもかんでもOKでfinish

ができます。

以下の内容をmy.iniというファイル名で
C:\WINDOWSに保存。

[mysqld]
default-character-set=sjis
[mysql]
default-character-set=sjis
[mysqldump]
default-character-set=sjis


これで作業は完了。確認作業へ。
コマンドプロントで

cd c:\mysql\bin

でリターンキー

つづいて

mysqld

でリターンキー
※ブロックするか?みたいなウインドウが出る場合は
 ブロックしない、で。

…なにもおこらないようですが、
 HDDがガリガリすればOK.

もう一枚コマンドプロンプトを開いて

cd c:\mysql\bin

でリターンキー

mysql

とタイプして、
Welcome to the …..とでればOK!

つづいて、mysqlを常時起動するように設定。

コマンドプロンプトを開いて

cd c:\mysql\bin

リターン。

mysqld-nt –install

リターン。

で、

Service successfully installed.

とでればOK.


確認します。
コンパネ -> 管理ツール -> サービスのショトカを
ダブクリし、サービスリストのなかに、
MySQLがあり、スタートアップの種類が、自動
となっていればOK.

確認のため、マシン再起動。

コマンドプロンプトを開いて

cd c:\mysql\bin

リターン。

mysql

リターン。

これで

Welcome to the MySQL moniter

が表示されればOK!!

まだあります。次はMySQLへのパス登録。

コンパネ -> システム -> 詳細設定 -> 環境変数
(マイコンピュータ上で右クリック、プロパティ、でもいける。)
システム環境変数の「Path」の変数値の一番後ろに「;C:\mysql\bin」を追加します。
追加したら閉じます。

コマンドプロンプトを開いて、いきなり

mysql

リターン。これで
MySQLモニタが起動するようになった。

ふぅ、とりあえずここまで小走りでメモ。