OneDrive のファイルが常にローカルにある状態にする方法【Windows10】

どういう意味?

2019-06-12_00h45_08
こちらをご覧ください。

選択のpdfファイルは OneDrive で管理している
ローカルのファイルなんですが
開こうとすると、こんなふうに
ダウンロードダイアログが出て、少し時間がかかってしまいます。

これはどういうことかというと、
OneDrive のファイル オンデマンドという機能で、
ファイルはオンラインにのみに置かれていて、
開くときにダウンロードされるようになっています。

これによりローカル領域の節約ができるわけですね

ただし、これだとファイルを開くとき
時間がかかったり、たまになぜか開けなかったりして、煩わしいので
常にローカルにファイルがある状態に設定を変更しようと思います。

青い雲のマークが、オンライン上にのみ存在するファイルです。
一度開くと、グリーンの円に白地のチェックマークに変わり、
ローカルにもファイルがあることになります。

やりかた

2019-06-12_00h58_44
タスクトレイのOneDriveアイコンを右クリックして、
設定をクリック。

2019-06-12_01h01_31
ダイアログが開くので、
容量を節約して、ファイルを使用するときにダウンロードのチェックを外して
ファイルオンデマンドを無効に
してOKボタンをクリックします。

これでOKです。

すぐさまダウンロードがはじまり、
ローカルファイルとオンライン上の
OneDriveのファイルが同じ状態になります。

注意点

ローカルディスク容量が圧迫されるので注意しましょう
(とくに、うちのようにSSDで容量少なめのPCの場合は…)

いじょうです。