phpファイルを外部cssファイルと認識させる方法

2019年2月9日

phpファイルを外部cssファイルと認識させる方法

表題の件ですが、htmlヘッダーの

link href=”style.css” rel=”stylesheet” type=”text/css

link href=”style.php” rel=”stylesheet” type=”text/css

のようにしちゃおうという意味です。
style.phpにはphpが吐いたCSSが書かれているイメージです。

拡張子をphpとしたとき、そのままでも一部ブラウザ(Chrome,Safari)では
CSSファイルを読み込んだときの振る舞いをしますが、
基本的には拡張子がphpのものをcssファイルとブラウザが解釈しません。

そこで以下をphpに書きます。

header(‘Content-Type: text/css; charset=shift-jis’);//ブラウザにphpをcssと認識させる。

これで、phpファイルをcssファイルだと
ブラウザに思い込ませることができます。

実は当ブログでもこの仕組みを利用しています。

CSSをphpファイル化するメリットですが、
動的にcssを吐き出せるようになることではないでしょうか。

例えば当ブログでは、時間やランダム要素を取り入れた
CSSの切り替えを外部CSS化したphpで行っています。

今回はphpファイルをcssとして認識させましたが、
css以外のものでも可能です。

これは、いろいろ応用がきくのではないでしょうか。

以上です。

●参考にしたサイト

CSS・JSファイルの外部読み込みにPHPを使う: WEBMEMO
http://hal-lab.cocolog-nifty.com/blog/2009/03/cssjsphp-bfe1.html

テスト環境:Windows7 Home Premium, php4最終ver.