pngやjpgなどの画像ファイルを、ほどよいサイズで素早く印刷する方法

画像データを印刷して確認したいということは、
仕事にしろプライベートにしろ、人によってはなかなか多いものではないでしょうか。

ただ、印刷するときに、画像データによって、それぞれ
出力サイズ等の調整が面倒だったりすることもあります。
それ以外にも、画像処理ソフトからの印刷の場合は、
ソフトの重さから印刷だけのために利用するには、
すこし大げさすぎたり、無駄に手間がかかることも、しばしばあります。

そんな手間を省くティップスをご紹介。
これには、どういうわけか、safariを使います。

safariで新規ウインドウを開き、
そこにpngやjpgなどの画像ファイルをドロップしてください。

そしてSafariのメニューより印刷をします。
これだけです。

印刷プレビューをすれば分かりますが、
たとえば横に長い画像などは、
ほどよく1枚の紙に収まったカタチで印刷されるのが分かります。

また、縦に長い画像なども自動的に次のページに自然に印刷されるので便利です。

こんなSafariの使い方もあります。

※なんらかの理由で、画像ファイルがSafariで開けなくなった場合は、
送る方法などをお試しください。

以上です。

テスト環境:WindowsXP safari