realsyncで削除設定をはずすときが来た!

2008年7月26日

realsyncで削除設定をはずすときが来た!

realsyncというフォルダ間同期ツールが便利で昔から愛用するのですが
(紹介だけ -> http://www.takenet.or.jp/~ryuuji/realsync/ ソフトウェア説明については割愛。)
ソフトウェアの動作設定画面の一部で

Capu001

コピーをするか? 削除をするか? を設定できる
ところがありまして、
ここを両方チェックすることで完全同期状態になります。

で、いつも両方チェックして使っていたのですが、
たとえばコピーだけして削除はしない、なんて使い方することなんて
あるのかなぁと漫然と思ってた(というか何も考えてないだけww)のですが

今回削除はしたくない、というシチュエーションが発生しまして。

更新元と更新先の内容は基本的に同じなのですが、
更新先のほうにだけ置いておきたいファイルがあったのですね。

で、いつもどうり完全同期状態だと同期するたびに同期先のファイルが
消えてしまって どどどどうしたもんか!と思ってたのですが
削除設定をはずしたらよかったんですね。

。。。でもまぁこれだと問題もあって
更新元のほうで削除したファイルが、更新先では削除されない(同期されない)
のでどんどん不要ファイルが更新先に溜まっていくのでそこが難点です。

ほんとは、その更新先のほうにだけ残しておきたい特定ファイルを
、更新対象からはずす、というような設定がしたいのですが
realsyncでは無理なのかな。

もっと良いツールがあったりするのかな?

この記事は役に立ちましたか? 役立った 役立たなかった
1 人中 1 人がこの記事は役に立ったと言っています。

★新記事下ハイブリッドads