【コスパ重視】ブログにおすすめのレンタルサーバーの選び方【注目の3社を独自比較】


きみひこです。web制作界隈に生きる、ブログ歴13年目のブロガーです。

YouTuberが台頭する今日この頃ですが、コロナや副業で、まだまだ衰えることのないのが、ブログですね。

ブログは無料でも十分に楽しめますが、本格的にやろうとすると必要になってくるのが、レンタルサーバーですね。

レンタルサーバーって何ぞや?って一言でいうと、ウェブ上の自分の土地みたいなもんです。

その土地を提供しているところって実は物凄くたくさんあるのですが、有名なところに限ると、数も絞られます。

今回は僕の独断で注目の3社をピックアップしまして、公開されている情報などを分析して、

「しっかりブログをやる上で、どのレンタルサーバを選べば良いの?」という点で深堀りしてみました。

料金プランをコスパで比較してみた


レンタルサーバーって何を基準に選びますか?

性能? スピード? 口コミ? 評判?

どれも気になりますが、では伺います。 有名なレンタルサーバーで、目立って評判の悪い会社ってあるでしょうか?

過去にデータ消失事件のあったサーバーも少なからずありますが、有名で人気のレンタルサーバーは、最近はどこも安定稼働をしていると思います。

さらに、ブログって基本的には画像やテキストを中心とした軽いデータをメインに扱うので、現状、レンタルサーバーのスペックが気になることって、あまり無いのかなと思います。

つまり、レンタルサーバーを選ぶにあたって、どこも必要スペックは満たしているし、安定しているし、大差が無いんですね。似たり寄ったりなんです。

それでもどこかを決めて借りなきゃいけない。だとしたら、やっぱり気になるのって、料金。コスパじゃないですか?

というわけで。料金プランを見つつ、ブログに最適なレンタルサーバーを見ていきたいと思いま…

そのまえに!

大差無い、とはいえレンタルサーバーにブログを載せるのに最低限必要な要素はあるので、具体的なスペックについて押さえておきたいと思います。

前提として、ブログに使うCMSは WordPress 一択で考えます。

WordPressの場合、ブログシステムにデータベースを使いますので、最低限、契約するプランでデータベースが扱える必要があります。

ここでだけ押さえて、それではいってみましょう!

カラフルボックスの料金プラン

こちらがカラフルボックスの料金プラン表(抜粋)です。パッと見て気になるのはBOX1の最低料金じゃないでしょうか。

480円と非常に安いです。でも、36か月(3年)の契約ですから、3年契約です。料金にして17280円(税抜)です。

kimihiko
kimihiko
はじめから3年はちょっと…。

個人的には、はじめての契約なら1か月ごとの更新か、長くても1年くらいかなと思いました。

なのでざっくり、1か月、3か月、1年で契約した場合の料金をちょっと比べてみました。

カラフルボックスでは以下の通りです。(BOX1プランの場合)

  • 1か月契約 … 2720円(税抜)※初期費用込み
  • 3か月契約 … 2040円(税抜)
  • 12か月契約 … 6960円(税抜)

「あれ?1か月の料金めちゃ高くない?」って思われたかもですが、1か月の場合は2000円の初期費用がかかります。

3か月以上の契約で初期費用無料なので、はじめてカラフルボックスを使うなら3か月契約ではじめるのが良いかもですね。

また、かんたんにサーバースペックも見ました。以下の通り。

  • サーバ容量100GB
  • SSDドライブ
  • MySQL(データベース)無制限
  • WordPress簡単自動インストール
  • 転送量 1TB/月
  • 無料SSL

容量、ドライブ、DB等々、ブログ運営においては充分すぎるくらい充分なスペックだと思います。

あと、カラフルボックスの特徴として、事業規模や運営状況にあわせて自由にプラン移動できる「柔軟性」があります。

ただこれについては、ブログをやる上で、スペック的にBOX2以上に拡張しなければいけない可能性ってかなり低いのではないか、というのがあり、ブログ運営をやる上で、あまり気にする必要はないのかな、というのが僕の見解です。

法人でブログを運営していて、大量のサイトを作成予定で、大量アクセスは間違いない!ということでしたら、良いのかもしれませんが…。

…プラン変更に関しては、後半でもう少し書ければと思います。


↑ 30日間お試し無料! ↑

さくらインターネットの料金プラン

さくらインターネットの料金プラン表ですね。

まず、目をひくのが、料金が極端に安い月額131円のライトプラン。

ただしこちらは、データベースが使用できないなど簡易なプランなので、データベースを利用するWordPressによるブログ運営には使えません。

ブログで使うなら、次のプラン「スタンダードプラン」が現実的かなと思います。

さくらインターネットの1か月、3か月、1年での料金は以下の通りです。(スタンダードプランの場合)

  • 1か月契約 … 1572円(税込)※初期費用込み
  • 3か月契約 … 2620円(税込)※初期費用込み
  • 12か月契約 … 6286円(税込)※初期費用込み

先に紹介したカラフルボックスと違い、さくらインターネットの場合は、契約期間に関わらず一律で初期費用が乗っかってきます。

ただし初期費用の1048円は、カラフルボックスと比べて半額でした。

結果的に、さくらインターネットの場合は、1か月か12か月契約ではじめるのが良いですね。さらに長期的な料金面でにも、さくらインターネットのほうが安いです。

かんたんにサーバースペックも見ました。以下の通り。

  • サーバ容量100GB
  • ドライブ不明
  • MySQL(データベース)20個
  • WordPressクイックインストール
  • 転送量 80GB/1日
  • 無料SSL

先に紹介したカラフルボックスとの違いで、いくつか気になるところを見ていきますね。

まず、データベースの数が違うところですね。カラフルボックスが無制限で、さくらインターネットが20個です。

WordPressでは、ひとつブログを立ち上げるのに1個のデータベースを使うので、さくらインターネットでWordPressでブログを立ち上げるとして単純計算でブログを20個まで作れる、ということになります。

大量にブログを作る予定があるなら、20個というDBの数がネックになってくると思いますが、通常は20個もあれば十分過ぎるでしょう。

実際に僕もメインのブログ以外に、いくつかのブログを立ち上げてはみたものの、トータルでも5個も無いので、データベース20個という部分は通常問題にならないと思います。

あと転送量ですね。それぞれの公式サイトの料金表を見ると、カラフルボックスでは容量、さくらインターネットでは容量で掲載されていたので、さくらインターネットのほうを31日計算で月換算してみました。

その結果、さくらインターネットは月 2480 GB(約2.5TB)の転送量ということで、カラフルボックスのBOX1プランよりも、約2.5倍の転送量でした。(あくまで単純計算の参考値ですが…。)

転送量って言われてもどのぐらい使うものか?実感しづらいと思うのでので、うちのブログの転送量を例として出してみたいと思います。


上記が、このブログの、1日ごとの転送量を表示したものです。(僕が使っているさくらインターネットの管理画面で確認できるものです。)

期間の最高値をみても、1日の転送量は3GB程度。つまり、ブログ程度であれば転送量はほとんど気にしなくてよいのかなと思います。

あとドライブに関しては、よほどの大きなアクセスでもない限り、ページの表示スピードに影響ってないのかな、というのが僕の考えです。

ちなみに僕は13年間ずっと、さくらインターネットのスタンダードプランを使ってます。


↑   15周年記念!& 2週間無料!  ↑

Xserverの料金プラン


こちらがXserverの料金プラン表です。

Xserverの場合、X10、X20、X30のプランが用意されていますが、データベースが使える最低プランのX10の料金プランで見ていきます。

  • 1か月契約 … プラン無し
  • 3か月契約 … 7,260円(税込)※初期費用込み
  • 12か月契約 … 10,560円(税込)※初期費用込み

Xserverの場合、最低契約期間が3か月契約だったので、2か月以下の契約は不可のようです。

これまで紹介した、カラフルボックス、さくらインターネットと比べると、かなり高い印象ですよね。

ただ、Xserverの料金は、契約更新後の料金は、料金体系が変わって、若干安くなるところがポイント。

契約更新後の最安料金(クレカ払いの場合)の料金も載せておきますね。ちなみに、契約更新後は、1か月更新が可能になります。以下の通り。

  • 1か月契約 … 1100円(税込)
  • 3か月契約 … 3300円(税込)
  • 12か月契約 … 6600円(税込)

サーバースペック(抜粋)は、以下の通り。

  • サーバ容量200GB
  • SSDドライブ
  • MySQL(データベース)50個
  • WordPress簡単インストール、簡単移行
  • 転送量 無制限
  • 無料SSL

これまで紹介したところと比べて、サーバー容量が2倍の200GBで、さらに転送量も無制限。これまで紹介したレンタルサーバーと比べて、こうしたメリットもあるので、場合によっては長期的なコスパで考えると安いでしょう。

ただし、僕がブログを運営している実感として、画像やテキスト中心のブログでは100GBですらほとんど使いきれないという実感があります。なので料金を多めに払って 200GBのスペースを所有する意味があるのかどうかは、よく考えたほうがいいと思います。

たとえば…「動画をサーバに置くから容量が欲しいんだ」っていうような特別な場合は、コスパ高そうですね。


↑ まずはお試し!10日間無料! ↑

料金プランの比較まとめ

少し長くなったのでまとめておきます。

  • カラフルボックス … 月額480円最安で契約できるコスパ最強サーバー。ただし3年分払う必要あり。
  • さくらインターネット … 費用とスペックのバランスに優れたちょうどいいレンタルサーバー。きみひこが13年間ずっと使っている(笑)
  • エックスサーバー … 低費用で高スペックなハイスペレンタルサーバー。サーバ容量、転送量を重視する方におすすめ。

注意点

最後に「プラン替え」について書いておきます。

仮にブログを運営してみて、ものすごいアクセスが来るようになって「上位プランに変更したい」、契約後にプラン変更を検討するときが来るかもしれません。

プラン変更だけを見ると、カラフルボックス一択かと思います。

カラフルボックスの公式ページでは柔軟なプラン変更をウリにしていますし、実際にかんたんに変更できるようですよ。

逆に、さくらインターネットの場合はプラン変更ができません。

だからといって「プラン変更」できないかというと、そうじゃないです。新規プランを契約して、新プランのサーバーにデータを「移行する」というかたちで、プランを変更することは可能です。

ただ自分のつたない経験を例に出してアレなんですが、いま僕は月間8万PVのこのブログを運営してますが、この程度のアクセスであれば、ぶっちゃけサーバーの負荷なんて全く問題ないです。

それどころか…、10倍の月間80万PV…、いや20倍の月間160万PVのアクセスがあっても、現在の転送量から換算して、計算上は問題ありません。(8万PVで1日3GBのウェブ転送量、月換算で月90GB程度の転送量です。10倍で月900GB、20倍でも月1800GBの転送量だとしても、さくらインターネットのスタンダードプランの月転送量約2480GBには及ばない計算となるため。)

そもそもブログで80万PV、160万PVと出すことって、控えめに言ってかなり大変だと思うので、プラン変更も気にしなくても良いというのが僕の意見です。

あとすいません、後付けになりますが、Xserverもプラン変更はできるようです。

おしまいに

3つのレンタルサーバーを比較して率直な感想を書きました。

次世代のカラフルボックス、安定のさくらインターネット、人気のエックスサーバー、

それぞれの特長を知って、自分に最適なレンタルサーバーを選んでくださいね。

以上、きみひこでした。

※掲載の料金表は2020年04月現在の内容です。最新の内容はレンタルサーバー公式ページをご確認ください。

この記事は役に立ちましたか? 役立った 役立たなかった
0 人中 0 人がこの記事は役に立ったと言っています。

★レクタングルWset