さくらインターネットで取得した独自ドメインのサブドメインURLに、WordPressをインストールする全手順【2021年最新】

このページでは、さくらインターネット利用歴15年以上の僕が

さくらインターネットで取得した独自ドメインのサブドメインURLに、WordPressをインストールする手順を、やわらかく書いています。

WordPressのインストール手順という記事は多いですが、「さくらインターネット」×「さくらで取得した独自ドメインのサブドメインURL」というところで、かなり絞った内容となっているのが特徴ですね。

このようなピンポイントな方法を求めている方には特にラッキーな記事になっていると思いますが、さくらインターネットにおけるWordPressのインストール手順として汎用的に参考にしてもらえると思います。

よかったら読んでみてください。

それでは、さっそくいってみましょう!

さくらインターネットでWordPressをインストールするって、どんな感じ?

さくらインターネットのレンタルサーバにはWordPressを自動的にインストールする機能が備わっています。

この機能を使うと、比較的かんたんにインストールができます。

とはいえ、慣れないと分かりづらい部分も多いかもですので、具体的な手順をまとめてみました。

なお、僕はさくらのレンタルサーバーのスタンダードプランを15年以上契約していますので、このスタンダードプランをベースにした説明となります。

プランによってもしかすると違う部分があるかもしれないので、念のため書いています。

【要確認】WordPressのインストール前の確認

さっそくインストール手順の解説をしていこうと思いますが、インストール前に確認しておきたいことがあります。

それは「インストール先URL」です。

さくらインターネットのレンタルサーバでは、デフォルトのURLは xxxxx.sakura.ne.jp です。(※xxxxの部分は契約時設定に準じます。)

このURLでWordPressサイトを運営する場合は、このままインストール手順に進んで問題ありません。

ですが本記事では、さくらインターネットで取得した独自ドメインのサブドメインURLにインストールしたいと思っています。

その場合は、事前に「ドメイン設定」の作業が必要になります。

まだの場合は先に行うようにしてください。

独自ドメインの設定方法は以下の関連リンクに書いていますので、参考にしてください。

さくらインターネットで取得した独自ドメインのサブドメインURLに、WordPressをインストールする全手順

2021-01-29_13h27_53
まず、コントロールパネルにアクセスして、ログインします。

2021-01-29_13h28_27
ログインしたら、コントロールパネル ホームと書いた下にある WordPressインストール アイコンをクリック。

2021-01-29_13h28_53
WordPressのインストール画面が表示されます。

WordPressインストール時の設定項目について

【URLとデータベース】【WordPressサイト情報】の2グループに分けて説明します。

URLとデータベースの設定

2021-01-29_17h01_13

インストールURLは、作成済みのサブドメインをプルダウンから選択すればOKです。

利用データベースは、これから新たに作成します。

データベース作成ボタンをクリックしてください。

2021-01-29_17h02_38

データベース新規作成が開きます。

  • データベースのバージョン:そのままでよいです。
  • データベース名:何か設定します。僕はwordpressのインストール先ディレクトリ名に合わせてます。
  • データベースユーザ名:変更できません。
  • データベース 文字コード:そのままでよいです。
  • 同意:同意するにチェックを入れます(作成についての注意事項を読んでください)

上記の入力が終わったら、作成するボタンをクリックします。

作成するボタンを押しても、しばらく何もおこらないことがありますが、そのまま待っていてください。

数秒後に「WordPressのインストール」の画面に戻ります。

画面が戻ったら、利用データベースのプルダウンメニューが、作成したデータベースを選択した状態になっているはずなので確認してください。

データベース接続パスワードは、設定をお願いします。

テーブルの接頭語はそのままでも問題ありませんが、変更してもよいでしょう。僕はインストール先ディレクトリ名にあわせてます。

WordPressサイト情報の設定

2021-01-29_17h01_22

  • サイトのタイトル:サイトタイトルを入れます。
  • WordPressユーザ名:何か設定します。日本語は入力できません。
  • WordPressパスワード:何か設定します。日本語は入力できません。英字は大文字も含める必要があり、12文字以上で入力が必要です。
  • メールアドレス:メールアドレスを入力します。
  • 検索エンジンでの表示:そのままでよいです。作成中はインデックスされないほうがよいでしょう。
  • 同意:チェックを入れます(ライセンスと利用規約を読んでください)

※(お詫び)同意は説明画面には入っていませんが、実際の画面では下に存在してます。ご了承ください。

作成するボタンを押しても、しばらく何もおこらないことがありますが、そのまま待っていてください。

しばらくすると、ページが切り替わります。(入力内容にエラーがある場合は、上部にエラー内容が表示されるので、修正してください)

2021-01-29_17h43_47
インストール済みパッケージ一覧、という画面に切り替わればインストールは完了です。

2021-01-29_17h52_19
最後に、実際にURLにアクセスして、ページが表示されるか確認してみましょう。

管理画面の表示確認もしましょう。

URLの後ろにwp-adminを付けると管理画面のURLになります。(例:https://xxx.kimihiko.jp/wp-admin/)

2021-01-29_17h54_57
管理画面が表示されたら実際にログインまで行いましょう。

無事ログインできればインストールは成功ですね。

お疲れさまでした!

以上、参考になれば幸いです。

この記事は役に立ちましたか? 役立った 役立たなかった
0 人中 0 人がこの記事は役に立ったと言っています。

★新記事下ハイブリッドads