【2020年】YouTube動画をmp3に変換してダウンロードする本当におすすめの方法【ダウンロードの違法性についても解説】

きみひこです。

「YouTube動画の音楽を何度も聞きたいからローカルに保存したい」
「YouTube動画のしゃべっている内容を音声だけで聞きたい」

こんなことを思ったことはないでしょうか?

「YouTube mp3 変換」などというキーワードで少し調べれば、色々な変換サイトがでてきます。

これらのサイトはブラウザで出来る反面、広告が異様に張られていたり、ページにマルウェアが仕込まれている可能性があるなどの問題や、変換に手間がかかるなどのデメリットもあります。

また

「そもそもダウンロードって法律的に大丈夫なの?」

というところも気になるかと思います。

この記事では両方について解説したいと思います。

YouTube動画のダウンロードは違法なの?

音声にしろ動画にしろ、YouTube動画をダウンロードすることは違法なのか?気になりますよね。

結論からいうと、アップロードされた動画の内容によって、違法か合法か、決まります。

例を出して解説します。

  • 違法にアップロードされたアーティストのプロモーションビデオの音声をダウンロード … 違法
  • 音楽レーベルがアップロードしたアーティストのプロモーションビデオの音声をダウンロード … 違法ではない

まず大前提として、ダウンロードが違法になるかどうかは、著作物の著作権を侵害しているのかどうか、によります。

著作権において著作権者には、著作物を著作権者の許可なく第三者に複製させない権利が発生します。そのため、著作権者以外が無断で著作物を複製した時点で、著作権侵害となります。

※著作物とは…「思想又は感情を創作的に表現したものであつて、文芸、学術、美術又は音楽の範囲に属するもの。」

出展:https://copyright-topics.jp/basic/tyosakubutsu/

違法にアップロードされたアーティストのプロモーションビデオ自体が、そもそも著作権を侵害したものなので、その時点で違法です。違法なファイルをダウンロードするわけですから、当然、違法となるわけですね。

変わって、音楽レーベル、つまり著作権者がアップロードしたアーティストのプロモーションビデオは、著作権者自らが第三者に公開する前提でアップロードしているので、アップロードや視聴に違法性はありません。

この動画を、第三者がダウンロードした時点で著作物の【複製】になるので、著作権を侵害している… ように思いますが、意外にも著作権の侵害には当たりません。

理由としては著作権の特例として「私的利用のための複製に限って、許可されているから

つまり、著作権者自らが「どうぞ視聴してください」と公開している動画について、個人が楽しむ範囲においてダウンロードする場合は違法にはなりません。

本当におすすめのYouTube動画の変換とダウンロード方法

冒頭に書いた通り、広告が異様に張られている、マルウェアが仕込まれている可能性がある、変換に手間がかかる、といった理由から、ウェブサイトの変換ツールを利用したYouTube動画の変換およびダウンロードは余りおすすめしません。

僕が本当におすすめしたいのは、Chrome機能拡張を用いた方法ですね。

2020-02-23_00h20_14

おすすめなのは「YouTube Video Downloader 」というChrome機能拡張ソフト。

導入方法はめちゃくちゃかんたん。

INSTALLボタン(キャプチャ画像ではINSTALLEDとなっている灰色のボタン)をクリックして機能拡張をインストールするだけ。

2020-02-23_00h21_31
インストールした機能拡張のパーミッション設定を触りますが、公式サイトの「How to install」をクリックすれば、一連のインストール方法を動画で確認できますよ。

方法が分かれば一連のインストール作業が難しいというほどのことでは無いことが分かると思います。

ツールの使い方

2020-02-23_00h31_56
YouTube Video Downloaderのインストール後に動画ページを開くと、
Youtube動画の下メニュー(矢印の場所)に追加されたメニューが確認できますので
「…」の部分をクリックします。

2020-02-23_00h29_36
するとこのようなメニューがでますので、Convert to MP3(緑文字)をクリックします。

2020-02-23_00h32_05
このようなメニューに切り替わるのでグリーンのダウンロードボタンをクリックします。

2020-02-23_00h32_20
しばらくするとmp3ファイルがダウンロードされます。

この方法の場合のブラウザでの変換及びダウンロードと違い、以下のようなメリットがあります。

  • 広告バナーや広告ポップアップに悩まされない
  • URLをコピペする手間が無く、コピペミスも防げる
  • chromeの有害ソフトウェアチェック※をした場合にも検出されないため、ウイルスや不正なマルウェアが含まれていない安全な機能拡張ソフトであることが保証されている

※参考:chromeの有害ソフトウェアチェック

Windows OS版Google Chromeには、ウイルスやマルウェアなどの不正なプログラムを検索して削除する機能が標準で備わっています。

ブラウザ型の変換ツールを使った方法より、Chrome機能拡張を使う方法のほうが本当におすすめですよ。

注意点

YouTubeには音楽レーベルなどが公式に配信している音楽がたくさんありますが、こうした楽曲については、protectがかかっているのか、今回ご紹介したChome機能拡張を含め、いずれの変換ツールを用いた場合でも、変換できないものが多いです。

同じ楽曲でも非公式にアップロードされている楽曲ファイル(いわゆる違法アップロードファイル)については、変換ツールを用いて、変換及びダウンロードができてしまいますが、この場合は違法ダウンロードとなりますので、ツールの利用には注意してください。

おしまいに

YouTube動画のダウンロードが違法になる場合の条件と、本当におすすめの変換及びダウンロードの方法を以下の通りご紹介しました。

  • ダウンロードが違法になる場合の条件は、違法アップロードされている動画をダウンロードする場合である。
  • おすすめのダウンロード方法はChromeの機能拡張「YouTube Video Downloader」を使った方法である。

Chrome機能拡張を使った方法は、パソコンにプログラムをインストールする方法と、ブラウザ上の変換ツールを使う方法の、ちょうどあいだの「いいとこどり」のようなバランスでちょうどいいのかなと個人的には思っています。

ぜひ参考にしてみてくださいね。

なお、2020年2月現在の情報です。時間が経過するほど内容はこれとは異なってくる場合があります。

この記事は役に立ちましたか? 役立った 役立たなかった
0 人中 0 人がこの記事は役に立ったと言っています。

★レクタングルWset