ダイソンの掃除機を1年半使い続けた僕が今、はじめから説明書をきちんと読んでおくべきだったなと少し後悔している2つの理由。

ダイソンの掃除機を1年半使い続けた僕が今、はじめから説明書をきちんと読んでおくべきだったなと少し後悔している2つの理由。

ダイソンの掃除機が我が家にやってきて
早いもので一年以上たっていることに気づきました。
いや、1年どころじゃなく1年半。今年の夏で2年になる模様。

時の流れは本当に早いなぁと
いつもの調子で思っているアラフォーのkimihikoです。

我が家のダイソンは【dyson v6】コードレスタイプです。

掃除機に強いこだわりがあるわけでもない僕は、
使い始めから現在に至るまで、説明書はさほど読まずに使い続けてきました。

吸引力の変わらない掃除機ダイソンのブランドイメージのみが
相当ぼくの脳内に刷り込まれていたので、
それはそれは凄いんだろうなぁと思って、
実際に使ってみた。印象はこうだった。

吸引力すごい!!
でも吸引力凄すぎてカーペットめくれあがるし、
絨毯を吸いすぎて重たい。。

吸引力が凄すぎてなんか使いづらい…

あと、フル充電でもなかなかバッテリ切れが早いので不安…

なので僕は最近までずっと
ダイソンは局所的な利用に限定して、
普段は、これまで使っていた国産のコードありの掃除機で
掃除を継続していたんですね。
国産の掃除機は、ヘッドも軽いし、
バッテリーを気にする心配もないし、使いやすいなって。

ダイソンの吸引力の凄さは分かった。
バッテリー切れの直前まで吸引力が変わらないのも
流石ダイソンだと思っていた。

集塵力も凄かった。
こんな少し掃除するだけで
どこから出てきたこのホコリの塊はって驚き
ダイソンの場合はいつもあった。

でも
吸引がきつすぎる。バッテリ切れは早い。

なんか使いづらい。

性能が高いのは分かったが、性能が高いだけで
普段使いには、ちょっと使いづらいのが
ダイソンだっていう認識になっていた。

でも違ったんですね。
違ったんです。

2つのモードの存在を、1年半後に初めて知る

なんと、モードが2つあったとは!
デフォルトは、強(MAXモード)という、文字通り
吸引力MAXのモードらしい。

我が家では購入後モード変更の操作をしたことがなく、
1年半もの間、ずっとこのMAXモードで使い続けておりました…。

MAXモードを解除して通常モードで使ってみると…
あら軽い。

吸い込みがきつすぎて動かしづらかった
絨毯の上もかなりスイスイ動かせる。

通常モードにしたときの集塵力が気になるところでしたが
これまでと同じように、たっぷり埃を吸い取ってました。

それだけじゃない。

MAXモードと通常モードの駆動時間

MAXモード…約6分
通常モード…約17~20分

通常モードは、MAXモードの約3倍の駆動時間でした。

MAXモードデフォルトで使っていたら
そりゃ短く感じますわ…

たしかに購入検討時の説明では駆動時間6分なんてことなかったし、
体感ではやけに短いなぁと思っていたのですがまさか
これが原因だったとは。

…とまあ、はじめから説明書をきちんと読んでおくべきだったなと
少し後悔した2つの理由のうちの1つめがこれでした。

透明のカップは、取り外すことができた!


▲この部分… クリアビンという名称のようです。


長らく掃除に使っていると、
クリアビンのなかの本体部上部の網目のフィルタ(?)が
埃で真っ白になってくるんですね…

この網目のフィルタ部分の汚れは、
クリアビン内部のゴミを捨てても、
本体を軽く叩いてみても、こびりついて落ちてこない。


▲なので、こんなかんじに工夫をして掃除ししていました。
割りばしの先にキッチンペーパーを巻き付けて
優しくこすると、こびりついた埃がベロンと剥がれ落ちる。
これでなかなかきれいになっていました。

でもこんな苦労しなくてよかったんです。

クリアビンは、はずせた。

ダイソンさんはメンテナンスのしやすさも
考慮していたんですね。
(これも説明書に書いてありました。)

クリアビンの外し方と戻し方の両方とも
説明書を読まないとなかなか気づかないし、
はじめての場合は操作も難しいと思う。

この点でも説明書をきちんと読むべきだったと少し後悔しました。

いや、ダイソンほど
説明書を読むべきだったなと思った家電は
これまでなかったかもしれへん
わ。

ほんまに。

というわけでこれから
ダイソンを買われる方は…よかったですね。

僕のような間抜けをしない為に、覚えておきましょう。

・運転モードを通常モードに変更する
・クリアビンは外せるので、外し方と戻し方を説明書をみて理解しておく。

ふだんトリセツは読まないって方も、
ダイソンに限っては読んだほうがよいと思いますよ。

良いダイソンライフをお送りください。